時短協力金について

「宣言以前(8日0時以前)に販売を行った公演に限っては、内閣官房へ確認を取り、中止・払い戻しの手続きを行う必要はなく、20時を過ぎても実施可能という返答を頂戴しておりますので、皆様、ご承知おきいただけますと幸いです。」とご連絡いたしましたが、この場合、飲食店の時短協力金、1日6万円をもらえるのかの確認がとれておりません。


東京都のHPの「東京都における緊急事態措置等」により、営業時間短縮の要請を受けた都内全域の飲食店等では

(支給額)

・一店舗当たり186万円

・緊急事態措置期間開始の令和3年1月8日から2月7日までの間、全面的に協力いただいた場合(31日間)

・なお、営業時間の短縮に向けて準備等が必要な場合において、令和3年1月12日から2月7日までの間、全面的に協力いただいた場合(27日間)は、一店舗当たり162万円

(主な対象要件)

・夜20時00分から翌朝5時00分までの夜間時間帯に営業を行っていた店舗において、朝5時00分から夜20時00分までの間に営業時間を短縮するとともに酒類の提供は11時00分から19時00分までとすること

・対象期間において、営業時間の短縮に全面的にご協力いただくこと

・ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していただくこと

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/01/08/26.html


となっており、時短協力金の申請をお考えの店舗は、全面的に協力する必要があると考えられますので、午後8時までの営業をお願いできますと幸いです。

 

2020年11月26日

副会長の北口がFM COCOLO 「CIAO765」の週録放送に出演。ライブレストランの感染防止策などについてDJ野村雅夫さんとお話させていただきました。放送時間は12月1日10時台です。

2020年11月22日

​神戸新聞朝刊に当協会の取組と副会長、北口のインタビューが掲載されました。

​インタビューWEB版

2020年11月16日

毎日新聞夕刊に当協会に関する記事が掲載されました。

2020年6月29日

西村経済再生担当大臣に協会の趣旨・業界の現状に関するご説明と陳情を行いました。

 

日本ライブレストラン協会の活動や感染拡大予防策に関するプレスリリースを発行いたしました。

 

©2020 by 日本ライブレストラン協会. Wix.com で作成されました。